みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

犬のもの

啓蟄も過ぎ、日本は春めいてきたみたいですね。
あのぬるむ感じ、なつかしい。

こちらは季節が反対なので、どんどん秋めいてきます。
こないだ、初めてうろこ雲のような雲も見ました。秋ですね~。

公園などでは、蝉時雨もすごいです。小さいからだの蝉しかいないのですが、なかなか声は大きい・・。
ジージーと鳴いてます。
緑と黒の色あいがきれいで、いつも感心して見ちゃいます。

きれい

:::::


これまた不思議なご縁で、羊毛以外の毛を紡がせていただきました。

流花ちゃんと桃花ちゃんという名前の、ラフコリーの毛です。
犬の毛は初めての経験でしたし、形見の品という大切なものなので緊張しましたが、
お試しで50gをお預かりし、気合を入れて紡がせていただきました。

単糸と・・
くるくると


双糸。犬毛100%です。
この色合い!

この双糸、まさにコリーの毛、というような黄色が美しくて驚きました・・!
一部、羊毛を混ぜたりも試してみましたが、このままでも、服の上からはおるショールなどとして、
じゅうぶん対応できそうでした。
羊毛と比べると多少ごわっとしていますが、でも思ったよりずっと紡ぎやすかったです。
(コリーということもあるんだろうな。)


私も、実家で飼っていた飼い犬をなくしているので、犬の毛の感じがなつかしくて、
紡ぎながらちょっと涙が出ちゃいました。
でもきっと、みんなみんな、天国で楽しく遊んでますね。
そう考えたら、幸せな気持ちになりました。
いなくなっても、ちゃんといるんですものね。

:::::

最後に、このような機会を下さった、Mさん、ありがとうございました。
それから、もちろん、もともとのつながりを作ってくださった虹子さんにも。
貴重な機会を、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/07(日) 18:49:17|
  2. 紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

こころづくし

今日は、紡ぎ友達のおうちへ遊びに。
出る時は雨も降っていましたが、着いた時はお天気。
緑豊かな土地。まっすぐの一本道。雲の間からのぞく青空がきれいでした。

おうちはすてきな新築!独特の、いい匂いがして。
ご自分で織られた布がところどころにあって、すてきでした。


そして、「家にあるもので作ったんだけど・・」と言いながら出してくれたお食事の、
おいしかったこと!

・知り合いの漁師さんにもらったという、太いひじきとお野菜の炊き合わせ
・丹精込めて手づくりしたお味噌を使った豚汁
・圧力鍋でふっくら炊き上げたお赤飯
・さっぱり味のピクルス。お野菜の素揚げ

他にもいろいろ。ああ、幸せ・・。
おかわりまでして、もりもりいただきました。

体だけでなく、心も大満足のごはん。
「こころづくし」って、こういうことをいうのですね・・。


:::::::

満ち足りたごはんの後は、紡ごう紡ごう!

今まで、持ってはいるけれど「??」だった、チャルカを教えてもらいました。
いくつかの疑問点が気持ちよく解消し、とても太い糸ですが、できたできた~!
棉をすーっと伸ばす感じは、やみつきになりそうです・・(笑
スピンドルとも違う、棉のあの感じ。

チャルカと棉

たくさん笑って、たくさん勉強になりました。
みんなで紡ぐのって、やっぱり楽しいなあと改めて思う。

お二方、どうもありがとうございました!!




  1. 2009/07/24(金) 22:56:52|
  2. 紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もこもこ

今日も紡いでいます。

こんなもこもこを、手でほぐしていると・・。
いい風合い

ごみなどなど

こんなごみが出てきました。
木の枝や、草のかたまり。
この羊さん、野原を気持ちよく走り回っていたのかな~なんて、考えるのもまた楽し。

ほぐし終えたら、大きい羊毛用のくしでとかします。
(犬猫さんを飼っている人は、きっと分かりますよね?毛をとかすブラシの、
大きい版です)
くしでとかすと・・

そしたら、やっと紡げます。
(TOPという、機械でとかし終わっている羊毛は、何もしないでいきなり
紡ぐこともできます。)

少々力が入って大変ですが、このカーディングの時間も、いいものです。

(ちなみに、kakaraさんで購入したルエのハンドカーダー、とても使い勝手が
いいです。これのおかげで、だいぶカーディングの苦手意識が減ったような・・?)
  1. 2009/03/26(木) 19:36:10|
  2. 紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

みんなで糸紡ぎ その1

今日は、前々からやれたらいいなと思っていた紡ぎ教室(?)を開くことができました!
私が週に一度参加しているヨガ教室の先生と、その生徒さんと計5人で、
地元・逗子の公民館で紡ぎました。

友達と二人で紡いだりはしていたけど、何人かで羊毛を紡ぐのは初めて。
スピンドルに巻く時の方法など、それぞれの個性が出て、なるほどなあ、と
感心してしまいました。

初紡ぎとは思えない!


手紡ぎのいいところは、全て「味がある良さ」につながるところだと思います。
(まさに、「みんなちがって、みんないい」。)

その人の身体で作る、その人にしか作れない糸。
曲がったって、太くったって、それがいいのだと思います。
(均一な糸は、買うこともできますし。)
それから、その糸が形を変えたら・・。楽しいなあ!
もちろん、糸のままだってすてきですよね!ラッピングとかに使ってもいいし。

みなさんの集中力のすごさに驚きつつの、あっという間の時間でした。
しーんと静かに、それぞれが紡ぐ空間で。
響きあう感じがしました。何が、とはうまく言えないのだけれど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


また、こういう機会を持って、草の根を分けるように、少しづつ「みんなで紡ぐ」を
広げていけたらいいなあ、と思いました。
(ガンジーの、「紡いでいれば、世界は平和」という言葉じゃないけど、
紡ぎって独特の癒しがあると思うので。)
私がそうだったように、手芸が好きじゃなかった人に届くのが目標です。
みんなが紡いだら、いい世の中になるのではないか、なんて・・。


>参加してくださった方々、今日は本当にありがとうございました!!
いたらないところもあったと思いますが、私も、とても楽しかったです。
撚り止めの仕方とか、分からなかったらいつでも聞いて下さいね。
(隣の、メールフォームからでも、お気軽に~)
  1. 2009/02/23(月) 00:12:27|
  2. 紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

太い糸

今月末、中国へと旅立ってしまう友達のための糸を紡ぎました。
またまた、マフラーになる予定です。

北京は寒いだろうから、ぐるぐる巻きにできる、暖かいものを。
油分が残っていて寒さ対策になりそうな、ポロワスという種類で、作ることにしました。

太めに紡いで、かつ双糸にして。
ぽこぽこと、ざっくりとしたのにしたい。
太めです

濃い茶色だから、きっと彼女がこないだ着ていた、白のコートにも映えるはず。
それから、あのベリーベリーショートにも、きっと似合うはず。

日本にはもう戻らないようなので、行ってしまったら当分会えないだろうけど、
その分、気持ちを込めて、織ろうと思います。
ちょっと、さみしいな。やっぱり。

織るとか編むとか。
祈りのようです。







  1. 2009/02/02(月) 23:34:56|
  2. 紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。