みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「太布」を見に

去年(2008年)春の記録です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四国へ行く機会があり、ついでに、見たいなあと思っていた「太布」を
見てきました。

あの有名な万葉集の「春過ぎて夏来にけらし 白妙の~」の「白妙」とは、
この、楮から取れる太布を指すそうです。
成長の早い楮で作られる布は、かつては全国で織られていたそうですが、
今では、徳島の木頭村という村にしか残っていない、貴重な原始布。
とにかく丈夫であることが太布の特長。この村では明治まで、普段着として
使われていたそうです。

川沿いを走る


くねくねの山道を、高知と徳島のほぼ境の木頭村まで、車で行きました。
(高知市内から、車で二時間半くらいでした。那賀川沿いをひたすら走る)。
そして目的の場所、生きがい工房 太布庵に、たどり着き、早速布を見せて頂きました。

やわらかい布



これは、時間を経ている布だったこともあり、やわらかくて肌触りが良かったです。
今回は、残念ながら見学のみで、績んだりはできなかったのですが、ベテランの方の
手元は、見ているだけでおもしろかったです。(しな糸とは、また違う績み方でした)。
手さばきがすごい



そして、何代も継承してきている、貴重な布に触れることができたのも、
ありがたかったです。
そのやわらかさといったら・・。木の皮とは思えない!使い込んだ綿のようでした。
使うことで、目が詰まって、ますますやわらかくなっていくそうです。
こちらの特産品、和三盆を作るのに、この太布は欠かせないとか。


そして、織り機は地機。太布を織るのに都合がいいように、工夫されています。
(今回は、績む作業が中心で、織っているところが見れなかったのは残念でした・・)
同じ地機でも、その素材によっていろいろ違うというのがおもしろいですね。
(考えてみれば、その村の大工さんとか器用な人が、織り機を作っていたわけだから、
当然といえば当然なのですが。)
かっこいい


しな布と太布は、どちらも珍しくない、どこでも織られていた布だったそうです。
思い返してみればそんなに昔のことではなくて、「そこにあるから」、工夫して、
糸にし、織って、生活の中で使われていたものだったわけですよね。

木頭村の方々は、ボランティアで、技術を守っていくために活動をされています。
(もっと、国や県は、この貴重な文化を守るために行動してもいいのではないかと
思います!!)


ぎりぎりで、その布に会えたこと。細々と、現代までつながっていた糸たち。
そのことに感謝して、少しずつでも、知っていけたらと思います。
興味のある方はぜひぜひ!基本的には、火曜のみ開いているそうです。
(みなさん、とてもとても親切でした!!
ここのお水はおいしいから持ってけ、とペットボトルに水を汲んでくださったり、
ボランティアのおばあさんの、手づくりのおせんべいをごちそうになったりしました。)
太布のことだけではなく、木頭村のこと、その暮らしなど、じっくり教えて頂いて、
とてもすばらしい経験でした。

そして、しな布の時も感じましたが、日本は豊かだと思いました。
大切にしていかないと!



スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 23:55:12|
  2. 素材への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しな織り体験

去年の冬(2008年3月)の記録です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

紡ぎの師である義母に誘われて、山形へ二泊三日のしな織りの体験に行ってきました。
まだ、こんなに雪が残っていました。
雪深し


しな織りとは、しなの木の繊維を使った織物です。
しなの木を倒して、皮をはいで乾燥させ、煮て、川で洗い、ぬかに漬けて
発酵させ・・・。
20以上の工程を経て、そしてやっと、糸を作る準備ができます。

体験してきたのは、そうしてできた糸をつないでいく「しな績み」、
よりをかける「しなより」、
そしていざりばたで織る「しな織り」です。
朝8時半から、夕方5時まで、途中休憩も入れながらみっちりと作業。
これが、績んでいる途中のしなの皮。
きれいな色

績むのは、繊維を裂いて、そのふたまたの間に反対からもう一本を合わせ、
3本をより合わせるというものなのですが、これが難しい!!
やっぱり苦戦しましたが、でもこつが分かればおもしろい!
生徒は私たち二人だけだったので、じっくりと教えてもらえました。
窓の外は雪で、しみじみ、いろんな話をしながら。


そして最終日、いざりばたで、体を使って、杼で打ち付けて織りました。
いざりばた。そうこうの上げ下げは、足で行います。
高機

ドン、ドン!と体の内側に響く音。その、気持ちよさたるや!
いつも使っていないところを使っている感覚。
(経糸は、あらかじめはっておいて下さいました。これもしなの糸です。)
経糸は、こんなです


しな織りじたいもすばらしい体験だったのですが、
その「山の民の暮らし」に、圧倒されてしまいました。

大きい山と、澄んだ川に囲まれた土地で暮らして、自分たちの山に生えている、
「しなの木」から繊維を取り、糸にし、織って使う。
お米を作り、大豆を作る。それでお味噌を仕込む。
山菜を採り、一年中食べられるように工夫する。

そう遠くない昔には、羊も飼っていたそうで、それでセーターを編んだそうです。
からむしも、葛もたくさんある。もちろんそれらからも(昔は)糸を取って。
かつてはもちろん、養蚕も行っていたそうです。

績む技術を持っているおばあちゃんたちは、みんなから尊敬され、
みんなで協力しあって一つのものを作り上げて。
(そしてそれは、代々伝わっているもので・・・。)

人間の持っている、いいところを生かした暮らし。
携帯も通じない世界で、見えたことがたくさんありました。


日本は広いなあ。そして東北はすごいなあ。
どうかどうか、あのままであってほしいと思います。
(いい意味の色眼鏡で見ているのかもしれないけど)
またぜひ、行きたいです。
そして、取りあえずは「いまここ」で、できることをしなければ。


興味のある方はぜひ。→関川しな織りセンター
毎年、「しな織り体験」行っているようです。



  1. 2009/02/28(土) 23:50:41|
  2. 素材への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。