みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クラフトマーケット

お久しぶりです!ずっと更新できなくてすみません。


先週の土曜日、クラフトマーケットに友達と参加しました。
3か月ぐらい準備期間はあったはずなのに、やっぱり最後はばたばたでした・・。
本も読まず、ネットもほとんど見ず、ずっと編んだり作っていました。
自分の計画の立て方の甘さを痛感しましたが、終わってみれば、なかなかできない、
おもしろい経験だったので、がんばってよかったと思いました。

マーケット

(マーケットでのくまたち。
上の方の茶色のくまはお友達の作品です。一緒に置いてもらえてうれしかったです。
くまと、ニット帽をいくつか、それからノートを作りました。NZにはあんまりかわいいノートがないので。)


「NZじゃ手紡ぎ、手編みなんてこと誰も気にしないし、売れるかねえ」なんてさみしいことを、
紡ぎのギルトのおばあちゃんたちに言われていたのですが、なかなかどうして、意外にくまたち人気でした。
ありがたいことに、「かわいい!」と言って立ち止まってくれる人が多かったので、
周りのお店の人も、ちょこちょこ覗きに来てくれました。(どれだけかわいいのか見に来た、と)

紡ぎ車をまわしていたら、手紡ぎで作ったということに気が付いてくれて、
「ほんとうにこうやって出会えたことが嬉しい」と、わざわざ言って、買ってくださった方もいました。
これは、ほんとうに嬉しかったです。

NZの人たち(特に若い人)は、「紡ぎ~?おばあちゃんがやってたなあ。私はやらない」と言う人が
圧倒的に多いので、少しでも、紡ぎってたのしいよ~と伝えられたなら、それだけでもやった甲斐はあったというものです。

次の出店は、3か月後くらいに、と考えています。
またたくさん編まなきゃだけど、つい気が緩んで、日本語の本を読み始めてしまいました(ごほうび読書)。
ぼちぼち、またがんばります。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/17(土) 16:47:01|
  2. イベントなどなど(NZ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しい紡ぎ

金曜の夜から3日間にかけて行なわれた、majacraft主催のWSに参加しました。
アートヤーンの作り手、Lexiさんから様々な紡ぎの手法を学べるというイベントです。
(日本で、カカラウールワークスさんが主催したのと同じだと思います。)



がたごとと電車に揺られ、会場まで行きました。
(一部、線路の横がすぐ海なのです!嵐の時とかどうするんだろう・・?)

すぐ横は海


:::::


金曜の夜は、スライドを使ってLexiさんの本に載っている写真などで説明を受け、イメージを膨らませ、
土曜・日曜は、本に載っている紡ぎのテクニックを実践で習い、ひたすら紡ぐというWSでした。
ちなみに、泊まる人がほとんど(私は近かったのもあり、帰る組)。
南島はもちろん、オーストラリアから来た人もいました。
(朝の6時半から車を運転してきたおばあちゃんも!)

そうなんです。日本と違うであろうことは、とにかくおばあちゃんが多かったということ。

NZでは、残念ながら若い人はあまり紡ぎに興味がないようですが、おばあちゃんたちの元気さに驚きました。
中には80代(もっと?)と思われる人もいたりして・・。杖をついている人もちらほら。
その人たちが朝早くから車を運転して、新しい技術を手に入れようとやってくるのだから。
(ちなみにおじさんもいました。この方は片手が不自由でしたが、とても上手に紡がれていました。)


Lexiさんの糸は編み物や織物を想定して作られてないので(糸だけで完成しているので)、
それが好きじゃないというおばあちゃんもいると聞きましたが(ニッターさんとか)、
ここに参加した38人の人たちは、また新たなものを吸収しよう!と思ってやって来ている。
しかも泊りがけで・・。その気持ち、頭のやわらかさ。(そういうおばあちゃんになりたい。)

:::::

自分の持ってきた、たくさんの素材と、テーブルの上に置かれたこんな素材たちを自由に組み合わせ、
まったく新しい方法で、糸を作り出します。どれもこれも、目からウロコな。

こんな素材や

こんな素材・・



四苦八苦しながら作った私の糸は、なんだかよく分からないものでしたが、
それでも何かが気持ちよく壊れました。改めて、紡ぎの奥深さを見た・・。
スピンドルでできること/糸車でできることの違い。

そして合宿のように、ふらふらしながらもひたすら紡ぐことの楽しさを再確認。
みんなで紡ぐのって、ほんとうに楽しい。

ぐるぐると


英語が心配だったのですが(そして、多分理解しきててないところもあるとは思うのですが)、
それでも、参加して良かったなと思いました。
運よく日本人の方とも出会うことができたことも、とてもとても大きなことでした。
出会いってまさに縁だなと思う。
(糸子さ~ん、お世話になりました!糸子さんの今回のブログはこちら
すごく細かく書かれてて、雰囲気がよく分かりますよね!ありがとうございます!)



おまけ。この会場は、外から猫が入ってきてましたが、みんなかわいいかわいいと抱っこしたりして、
誰も追い出したりもしないで、猫ものびのび。こういうのものんびりしてていいな。

とてもなつっこい


あと、あちらこちらで、「紡ぎ車いくつ持ってる??」という質問がされていたのには驚きました。
みんな、たくさん持ってるのが当たり前みたい。さすがだな~。置く場所もあるのだろうし。すごいな。
そして、2日間、借りることのできたmajacraftの紡ぎ車は、予想以上の紡ぎやすさでした。
かなりの時間紡いでいたけれど、体が痛くならなかったのには驚きました・・。

それから、スピンドルはあまりやらないみたいで、それにも驚かされました。
(スピンドルやってみせて~と言われてしまった・・。そうなのか・・。)


そして、もちろん、Lexiさんの糸とあの方法。
あんなにすごいものを見せられて。
教えてもらったこと、しっかりとやっていくしかないと思います。


Intertwined: The Art of Handspun Yarn, Modern Patterns, and Creative Spinning (Handspun Revolution)Intertwined: The Art of Handspun Yarn, Modern Patterns, and Creative Spinning (Handspun Revolution)
(2008/02)
Lexi Boeger

商品詳細を見る


たくさんの「新しい紡ぎ」の方法、この本に載っています。
  1. 2010/02/21(日) 18:33:07|
  2. イベントなどなど(NZ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。