みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

落書きその後

以前書いた、落書きされた人のおうち。

この間また近くを通ったら、新たに書き足されて、こんなふうになっていました。
じゃーん。

落書きその後
かわいい。

表のところも、また変わっていて。
just say..

"Just say one thank you today"がいいなあ。
日本で住んでいたところの近くにはお寺があって、毎日違うメッセージがかけられていて、
不思議と心の状態に合っていたなあ、なんて、そんなことを思い出しました。
おみくじみたいで好きだったんですよね。
(ああお寺に行って、ただただ手を合わせて祈りたい。緑の濃い、きれいな空気の中に身を浸したい。
誰か代わりにお願いします~^^)

:::::

明日は満月ですね。雲が切れて、まんまるおつきさまを見れたらいいな→月の暦
スポンサーサイト
  1. 2012/02/07(火) 20:06:53|
  2. すてきな人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落書き?

家から歩いて少しのところに、「bus stop gallery」というものがあります。
これは公共のではなく、個人(バス停の近くに住んでいる人)が、自分のお庭に、
作った作品を置いていて、バスを待ちながら楽しむことができるようになっている、というものです。

こんな絵や(ちなみに、これはHappy feetという名前のペンギンが保護された時の絵。
「今日の南極の気温」もおもしろいですよね。マイナス22℃!)
Happy feet


こんな彫刻なんかがあり
(どでかいペンギンの横顔。ペンギンとウサギはよくいます^^)、
ペンギン!

けっこう頻繁に変わるので、通りかかるたび、楽しみにしていました。
いつか、作ってる人に会って、「いつも楽しみにしています。写真も撮らせてもらいました。」と
言えたらいいなと思っていました。


:::::


それからしばらくして、そこを通りかかった時、そのおうちの壁に何かを書いているおじさんが!
もしかして!と聞いてみたら、このおじさんが、作っているご本人でした。
会ったらこんなこと言いたいな~と思っていたこと、きちんと伝えられましたよ^^
(おじさんは、「あ、そう?そりゃ良かった」みたいな、あっさりした感じでしたが)

ところで、今回は壁に何を・・?と聞いてみたら、
「いやあ、昨日の夜、誰かにいたずらされちゃってさ」と。
え!?いたずらがき!?

「でも、このGrafity(いたずらがき)がきれいだから、それを活かして描こうと思って。」と。
びっくりしました。だって、普通は嫌ですよね?
なんてやわらか頭なんだろう・・・と感動しながら、「すっごくいいアイデアですね」と言ったら、
にっこり笑ってくれました。

のちほど、撮らせてもらったのがこちらです。
いたずらがき

手前の赤いのがそのGrafityで、白い吹き出しみたいなのも、どこか違うところに描かれた形と言っていました。
この吹き出しみたいな形が、NZの鳥、KIWIみたいだから、KIWIに見立ててみたと。

そして、自分は白人で(その人は白人でした)、いたずらをしたのは色が黒い(茶色い)子だろうから、
KIWIの本来の色の茶色じゃなくて、白いKIWIにすることで、みんな仲良く、と言っていました。
(マオリとか、フィジーとかの子たちが多い地域なので、もしかしたらそうなのかもしれません。
白人の人でも、そういうことをする人はいるのかもしれませんが、彼は今回そう言っていました。
真偽のほどは分かりませんが。)

そしてこの後、なんとGrafity用のスペースまで作っていました。
白いペンキを塗りながら、「このGrafity、ほんと良く描けているなあ~」とおじさんは感心しきりで。
それを見て、なんてすてき・・と思っちゃいました。

このタイミングで会えたことも含めて、感謝感謝の出来事でした。



  1. 2011/12/13(火) 19:23:38|
  2. すてきな人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かもめおじさん

最近は少しづつ夏らしくなってきて、からっと晴れた、いい天気が続いています。
今日はバイトが休みだったので、前々から歩いてみたかった海ぞいのルートを、4時間かけて
歩いてきました。(実際は2時間半くらいの道のりなのですが、ゆっくり歩いて植物を見たり、
写真を撮ったりしながらだったので。楽しかったです~)

家から30分かけてやっと海に出て、さてこれから海ぞいを歩くぞ!という時、一羽のかもめが
じっとしているのに気がつきました。
近づいても逃げない・・?
うずくまる

それどころか、何羽も集まってくる・・?(かもめ以外も・・?)
何の鳥?


シャッターチャンスとばかりにカメラを構えていたら、そこに自転車に乗ったインド系のおじさんが登場。
するともう、鳥たち大喜び。

そう、この人は毎日、かもめたちにえさをやっている人だったのでした。
かもめが手からえさを食べる様子なんて初めてだったので、写真を撮ってもいいか聞いて、
撮らせてもらいました。

「こいつがいつも手から取るんだよ」とか、「いつもはもっといっぱいいるんだけどね」とか、
かもめを手に乗せながら、おじさんは説明してくれました。

あっという間にそれを終え、またね~とおじさんは帰っていきました。
その間、わずか5分ほど。
ちょっとずれてたらこの光景と出会えなかったんだなと思うと、
なんとも不思議で、嬉しい感じがしました。

今回のかもめおじさんは「小さなラッキー」でしたが、こういうことがあったりなかったりして、
人生は続いていくんだなと、ちょっと大きなことまで考えてしまいました。

かもめおじさん
続きを読む
  1. 2010/11/11(木) 20:48:56|
  2. すてきな人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。