みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鎌人いち場のお知らせ

*お知らせ*

7/12(日)、カジュにおじゃまさせていただく形で(いつもありがとうございます!)、
鎌倉で開催される、鎌人いち場に出店します。
糸紡ぎのWSもする予定です。

場所は、由比ガ浜の、鎌倉海浜公園。海のすぐそばの公園です。
しかも、結構大きな市になるみたいです。
(今回が第一回目なので、どんな感じなのかはあけてみてのお楽しみですね。)
ucaucaちゃんとmayuちゃんのユニット、tanetane*も参加ですよ。

みなさま、鎌倉に遊びに来るついでに、ぜひぜひいらして下さいね。


いろんな素材の布
(こんなの、作り中です)
スポンサーサイト
  1. 2009/06/26(金) 12:19:00|
  2. イベント・展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アカンサス

義母からもらったアカンサス。

今までは、道で見かけてはいたものの、「大きいなあ~」と思うぐらいでよく知らなかったんですが、
ギリシアの国花だったり、ウイリアム・モリスの有名なデザインがあったり、
古代ギリシャの、コリント式建築の柱の模様になっていたり・・。
むかしむかしから愛されている植物なんですね。
(詳しくは→こちら

去年は笹に負けて、なかなか葉が大きくならなかったのですが、
今年は根付いて、小さいですが花までつけてくれました。
すっくと咲く

きれいな色

よく見ると、ぎざぎざの「がく」(?)があったり、おもしろい形です。
(中には、うねうねと曲がっためしべとおしべ?もあるのです。)

ucaucaちゃんのおうちにも咲いてたけど、怖がっていたなあ・・。
確かに、ぐんぐん大きくなるし、夜とかはちょっと怖いかも。


彼岸花もそうですが、こういう、いつの間にかにゅっと伸びて花が咲く植物って、
花の時期までどこに花を隠しているのでしょうね・・。
私の観察不足なのか、気がつくと伸びて咲いているような気がして、不思議です。

  1. 2009/06/24(水) 19:44:33|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏の収穫

今年も、嬉しいことに、無事に収穫できました。

まずは、今年も結構取れた梅。 
青梅りんりん


それから、杏。 杏、洗い中


去年は味噌作りに初挑戦し、おいしいお味噌を作ることができました。
(大豆をすり鉢でする作業の楽しかったこと!)

それに味を占め、今年は、初めての梅干作りに挑戦中。
今は、熟成させてから塩をたっぷり振って、瓶で休ませて・・。
だいぶ、梅酢も上がってきました!

杏は、雨や鳥などでだいぶ地面に落ちてしまったので、
今年はまとめてジャムにしました。
(1キロあった杏も、煮詰めると驚くほど減ってしまいましたが・・。)


栄養らしい栄養もあげていないのに、毎年ちゃんと花が咲いて、
たくさんの実をつけてくれる木たち。
ありがたいことだな。感謝感謝です。

  1. 2009/06/17(水) 22:13:53|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早川ユミさんのちくちくWS

ふとしたきっかけで読んだ、早川ユミさんの「種まきノート」。

種まきノート―ちくちく、畑、ごはんの暮らし種まきノート―ちくちく、畑、ごはんの暮らし
(2008/11)
早川 ユミ

商品詳細を見る

高知の山の中で自給自足の生活をしながら、布で服や小物などを作っているユミさん。
その「地に足のついた」生活から生まれた、やさしく、でも強い言葉たちに、心を動かされ。
この人に会いたいなあと思いました。


そして日曜、この本の出版を記念して行なわれている、「うたうように。ちくちくツアー」が
鎌倉のギャラリー招山で開催され、WSに参加しました。
ユミさんは、本で読んだとおり。芯の通った、やさしい声の方でした。

WSは、「麻布のまえかけ」を、参加した20人くらいのみんなで、車座になって、
いろいろお話しながらちくちく、というものでした。
アイロンなんかなしで、指でアイロンができるということにちょっと驚きながら、
ひたすら、三つ折にして針と糸でちくちく・・。
(ミシンでかがってから、運針する人もいました。二通りの方法から選べました。)

太陽の下、ひとりひとり自己紹介をしながら、ちくちく手を動かす・・。
(自己紹介のお題は、「最近読んだ本」と「100回作ったごはん」でした!)
みなさんのお話を聞きながら、単純な針の動きに、なぜか心がしんと静かになりました。


(こんな風景が見えるテラスでちくちく。遠くの海は、七里ガ浜かな。)
ギャラリー招山からの眺め

できあがったものも、みなさんそれぞれの糸の色や、縫い目に個性が出て、おもしろかったです。
みんな違う人なんだから、それぞれ違って、それがいいんだなあと思ったり。
上手な人、縫い目がばらばらな人。それぞれが、みんないいのですよね。


:::::::::


「種まきノート」は、すてきな本です。
畑のこと、からだのこと、台所のこと、子育てのこと・・。
いい意味で、自分と、自分をとりまく世界と、向き合えるような気がします。

今回、実際にユミさんとお話できただけじゃなく、あの気持ちのいい場所で、
参加したみなさんともお話できたことは、これからの私を作っていくもとになるのだなあと、
そんなことを、また思いました。
そういう意味でも、やっぱりこういう風につながることって、大きなことだなあと思いました。



「作った結果じゃなくて、作っている時間を大事にしたい。
生きているということ、そのものだから。」

というユミさんの言葉が、ふんわり、からだのなかに落ちていきました。
種のように。

この本を読んだ人ひとりひとりが、新たな種になって、それぞれの花と実をつけるのですね。


いろんなことを思った、WSでした。

(これ、ひものところが途中ですが、今回作った「前かけ」です)
私の前かけ


12日まで、ギャラリー招山で、ユミさんの服と小物の展示がされています。
布のちからを感じました。前に進む強さ。ユミさんのような。

それから、同じく12日まで、うつわ祥見で、ご主人の小野哲平さんの器展も開催されています。
力強い焼き物は一つとして同じものがなく、すてきでした。
  1. 2009/06/08(月) 19:17:13|
  2. イベント・展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌倉・広町散策

鎌倉の地図を見ていると、西鎌倉のあたりにぽっかり空いている空間があります。
なんだろう・・?と思っていたそこは、なんと広大な森でした。

広町の森

1972年以来、宅地開発の危機にさらされてきた、広町。
30年にもわたる市民運動で勝利して、今では「都市林」になっています。
(「都市林」とは、樹林地などの保護を目的とした、新しいタイプの公園のことだそう。)

今回、その「広町の森」を守り続けている理事さんに案内していただくという、
楽しい企画に参加させていただきました。
(企画して下さった、カジュアートスペースたなか先生、いつもありがとうございます!)

まずおどろいたのは、その広さ。60ヘクタールって聞いてももぴんとこないんですが・・広い!
鎌倉の住宅地で、これだけの広さを守ることができたということに、まず驚きました。
緑豊かな土地を守っていこうという意識が高い鎌倉だからできたんだろうな、というのと同時に、
今でもボランティアの方々が守り続けている、ということのすごさ・・。

あちらこちらに生えている、甘い桑の実を食べたりしながら、森を散策。
豊富な植物の名前を次々に教えていただきながらの楽しい道ゆき。

あじさいの原種を見たり、
たしかに似ている葉

気持ちのいい風が吹く中、こんな木々の下を歩いたりしました。
木々

丘を登ったり、降りたりして、樹齢200年(?)という大きな桜の木に辿りついた時には、
感動しました!幹がとてもたくましかった。
すごい迫力!

「この桜はいつ頃が見ごろですか?」という質問に、「ソメイヨシノみたいにクローンじゃないから、
いつとは言えないんだよね」という、理事さんの答え。
なるほどなあと感心してしまいました。
一人ひとりに、咲く時期がある。個性がある。

私も逗子へ来て、山桜がそれぞれ、思い思いに咲くのを見て、はじめてそのことを知りました。
それまでは、いっぺんにうわあっと咲くのものと思っていたのですが・・。本来は違うのですよね。
いっぺんに咲くソメイヨシノと、山の中でぽっと咲く山桜。
もちろん、桜がまとまって咲き誇る下を歩いてそれに酔ったようになるのもいいものですが、
遠くから見る山の一部がぼんぼりのように色づいて、「あれ、山桜だなあ」っていうのも、
いいものだなと思います。

散策をしながら、食べられるものを教えてもらったり(これは重要)、
染められるものについてみんなで話したり、とても実りの多いイベントでした。
こういう、開かれた森が近くにあるって、ありがたいことだなあと思うとともに、
ボランティアの方々のお力に、頭が下がります・・。

その管理の仕方が自然なことも、すごいなと思いました。
さりげなく手入れするって、できるようでなかなかできないと思います。
毎日少しづつ、手をかけるということですものね。
(よく見ると葛が少ない、笹の背が高くならないように切っている、とか・・。)

散策が終わって気がついたら、全然蚊がいなかったのにも驚きました。
ちゃんと生態系が機能してるから、ボウフラを食べる虫とか、蛙とかがいて、蚊が発生しすぎると
いうことがないそうです。
改めて森って、自然って、すごいです。
人間にできるのは、そのバランスを壊さないこと、守ることなのだなあと改めて思いました。

:::::::::::

「広町の森」では、誰でも参加できるボランティア活動も行なわれています。
最寄のモノレール「西鎌倉」からの行き方や、地図など詳しくは

こちらです→「広町の森 市民協議会」

藍染めをしたり、田植えをしたり、作っているもち米でおもちつきをしたり、
(しかも、同じくこちらで作っている大豆からきなこもち、小豆で大福にしたり・・!!!)
いろいろ楽しそうなイベントがめじろおしです~!



  1. 2009/06/05(金) 11:44:02|
  2. イベント・展示会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。