みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

草暦、届く

どうも実感が湧かないのだけれど、今日は大みそか。
こちらは、「厳かに年が改まる」というよりは、クリスマス後のちょっとしたイベント、といった雰囲気。
クリスマスはスーパーもお休みだったけど、新年は普通に営業しているし。
やっぱり、クリスマスが大イベントなんだなと思います。
クリスマスの時は、テレビも賛美歌や教会一辺倒だったけれど、今日は映画やら何やらみたい?だし、
クリスマスが終わった今でも、あいさつは「merry x'mas, happy newyear」だし・・。


日本との時差は4時間(今は夏時間)なので、日本の皆さんより4時間早く新年を迎えるのですね。
地球は丸くて、まわっているのだなあと思う。

:::::

そして大みそかの今日、絶好のタイミングで、お願いしていた草虫こよみが届きました。
日本からNZまで。はるばると海も陸も越えて。

草虫こよみ 2010



草の世界から、海の世界へ、の新しいこよみ。
うれしいなあ。うれしいなあ。

毎月の風物詩があげられているのですが、
3月の「めかぶうまし」、9月の「アジうまし」にぐっときてしまいました。
来年は食べられないなあ・・。
日本の食は豊かです。お魚ばんざい。

季節が逆なので、二十四節気も逆だけれど、それもまた違った視点で新鮮です。
xusaさん、musiさん、ありがとうございます。
大事に使わせていただきます。


:::::

新しい一年。確実に時間は流れている。
来年は、どんなことが待っているのだろうか。


どうぞ皆さま、良いお年をお迎えください。



スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 14:19:59|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クリスマスイブと紡ぎ車

どんどん夏らしくなってくる。
裏の公園も、ブタナ(タンポポ)が咲き乱れている。

花畑


少し前からなんか変だと思っていた。それはセミがいないからだということに思い当たる。
鈴虫みたいな虫はいるみたい。あんないい声ではないのだけれど。


:::::

これは、港のクリスマスツリー(を内側から撮ったもの)です。
夜の暗い中ではさぞかしきれいだろうけれど、最近は日が伸びて9時半過ぎまで明るいので、見れませんでした。
(明るい中、夕飯を食べるのはとても変な感じ。まだ慣れない。)

クリスマスツリーの内部


クリスマスイブの日は、せっかくだから教会をたずねてみたいと思っていました。
いろんな宗派、民族の教会があるので、ちらとのぞかせてもらえないかなと。

夕食後、外に出て暗い中を歩いていたら、サモア人の教会の中からバンドの演奏と歌が聞こえてきた。
すごい迫力。外でそのまま聞き入っていたら、エントランスにいた人が招き入れてくれました。
名前を聞かれ、相手も名乗ってはじめて「ようこそ」。名前って大事だなと思う。

中に入ったら、みんな思い思いに歌い、踊っている。褐色の肌、恰幅のいい人たち。
アジア人の私たちが訪れたことに驚きつつ、握手や、頬にキスをしてくれた。
(頬にキスって、はじめてした。あたたかだった)
そして子供たちの、好奇心にあふれた目。「違う人たちだな、ちょっと変だな」とでもいうような。
私も子供で、自分とは違う姿形の人を見たとしたらするであろう目。
見たいけどちょっと怖いような。


歌を歌う、うずまく一体感の中で、今日のこの日は、様々な人たちが国や民族を超えて、
キリストの誕生を祝うのだなと実感。
私たちはキリスト教ではないけれど、その勢いに圧倒された。

快く受け入れてくれたサモアの人々の笑顔。「またいつでも来て」と言ってくれました。
嬉しかった。

続きを読む
  1. 2009/12/26(土) 09:57:17|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ヤシャブシ?

ずっと気になっていた、この植物。
大きい実


街路樹として植えられているので、枝と実がたくさん落ちているのです。
見たことはないのですが、ヤシャブシに似てる・・・?


NZのネットオークション「trade me」で羊毛も手に入ったので、早速染めてみました!

みょうばんは、NZでは簡単には買えないようなので、数日前から作っていた銅媒染液で。
(さびた釘がたくさん落ちているので、それをお酢に入れて作りました。何日か待つだけでできる、
簡単な媒染液。)

明るいグレー

少し青みがかった、きれいなグレーになりました。やっぱりヤシャブシ??
  1. 2009/12/20(日) 17:43:50|
  2. NZで染め
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

言葉の問題

名前不明・・


言葉が通じない、というのは、たまにどうしようもなく苦しくなる。
言いたいことはあふれているのに、それをどう表現したらいいのか分からない。
または、伝える努力をしても、全く意味をなさない。

高い山に登って、空気が吸えない状態ってこういう感じだろうかと思ったり、
水の中に閉じ込められて、もがいている気がすることもある。


自分のふがいなさに腹が立ち、
悔しくて、落ち込んでしまうこともある。



でも、それでも。
くじけずに身振り手振りでやっていると、言葉じゃなくぱっと伝わる瞬間がある。
お互いに、分かる!と思う瞬間がある。
あの時の、言葉を超えた感じ。

そういう瞬間を積み重ねていくことが、きっと大事なことなのだろう。
薄皮を剥ぐように、少しづつ。


一歩 一歩。



  1. 2009/12/17(木) 18:48:47|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

この一週間

語学学校に通い始めて1週間が経ちました。

クラスメートは、ベトナム、中国、韓国、サウジアラビアの人たち。
授業中に歌を歌ってたり、先生をからかったりと、やけに落ち着きがないなあと思っていたら、
まだ中学生の子もいるよう。こちらの高校に通うために来ているようです。
そりゃ、落ち着きもないはずだ。
はじめは面食らいましたが・・。これもいい経験ですね。



:::::


毎週土曜は、夫と家の周りを歩きまわっています。
ほんの少し行くだけで、山の中(!)になるのでおもしろくてたまりません。

mamuku(多分)

この木は、NZではおなじみのMamuku(多分)。巨大なシダです。
黒い幹がかっこいい。恐竜世界に迷い込んだ気分になります。





続きを読む
  1. 2009/12/13(日) 18:51:05|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

図書館にて

寒くてウインドブレーカーを着こむ日々から一転、昨日は最上級のお天気。
入道雲も見れて、はじめて「夏?」と思いました。広がる、深く青い空。

pohutukawa/chrismas tree

そして、晴れると紫外線が強い!
たまにある晴れの日。日本にいる感覚で、ちょっと外に出るだけ(洗濯物を干すだけとか)だからと、
ちゃんと紫外線対策をしないでいたら、あっという間に肌がぼろぼろに・・。びっくりしました。
紫外線が日本の7~8倍って本当だ。
以後気をつけてます・・。


:::::

こないだ、図書館でこんなことがありました。

電子辞書を傍らに置き、本を読んでいたところ、いきなり中学生の男子二人組に話しかけられました。
(ちなみに、NZに来ていますが、私の英語のレベルはかなり低いです。目下勉強中です~。)

「何これ?」と聞かれたので、辞書だよ、と答えたところ、「え~!」と驚かれ、
「え?辞書!?何の辞書!?」
「英語と日本語。日本人だから。こうやって単語を入れると、意味が出るの。」と説明。

へえ~と感心していた彼。
そして、おもむろに「Can I have it?」と。

・・・その意味が?だったのです。
ちょっと貸してってことかな、ちょっとだけなら・・とか思っていたら、友達が「やめなよ」と笑っている。

そこではじめて「持ってっていい?」って言われてるんだと気がつき、「No!」と言いました。

この子達はマオリだそうで、「自分たちも英語とマオリ語と二つ話さなきゃいけないんだ」と言ってました。
夫が、「二つの言葉が話せるなんてすごいね!」と言うと、照れくさそうにしてどこかへ行ってしまいました・・。


それだけなんですが、あの、壁がない感じ。ちょっと新鮮でした。

  1. 2009/12/06(日) 14:28:38|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。