みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大潮

草虫暦によると、昨日は、満月で大潮。
日本にいたときは海の近くに住んでいたので、大潮というと近所のおじいちゃんに教えてもらって、
貝やら海草なんかを拾いに行ったなあとなつかしく思い出す。
ウニなんかもいて、驚いたものです。

で、ふと疑問が。
NZでも大潮の時は海水は引くのだろうか・・?
北半球と南半球は関係あるのだろうか??

ということで、バイト後、海まで行ってきました。ひゅーんと車で10分くらい。

結果は・・・

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) 19:11:07|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェンネル染め

こないだ、いいお天気の日。

青空

バイトも休みだったので、気になっていた植物たちの写真を撮りに出かけました。
気にして見ていないと、あっという間に季節は過ぎ去りますね。
夏から秋なんてもうほんとに。
(植物の写真、下のflickerにいくつか載せました。もし良かったら見てみてください)

そんなふうに写真を撮っていたら、何かガガガ・・というような音が聞こえてきました。
フェンスが張りめぐらされている、広い空き地に好き勝手に生えているフェンネルを、
業者の人が切っているところでした。
このあたりでは、強いハーブ・フェンネルが、セイダカアワダチソウのようにいっぱい生えているのです。

切って、そのへんに放置して終わりのようだったので、思い切って「染めたいので、少しもらえませんか?」と
声をかけてみました。
そしたら「いくらでも持っていって」と、快く、たくさんいただくことができました。

フェンネル花ざかり

というわけで、山ほど抱えて持って帰ってきて、早速染めました。
(煮ている時はフェンネル独特のあの匂い・・。)

媒染は、いつものように、みょうばんと鉄で。
花も咲いていたから、あまり染まらないかなという予想に反して、よく染まってくれました。
(いつも、染めた色がうまく撮れなくて申し訳ないんですが、実際はもっと濃い色です。)

しっかりした色

冬に向けて、ミトンか手袋か作りたいなと思っているので、その一部に入れられたらなと思っています。
(初ミトン・・果たしていつできるんだろうか?ここに書くことでがんばりたいと思います。)

緊張したけど、声をかけてよかったです。


それから。 続きを読む
  1. 2010/03/28(日) 15:06:49|
  2. NZで染め
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しいこと

公園の中

夏から秋へと変わりつつありますが、今日の朝方は夏に戻ったような日ざしでした。
光が白っぽくて。夏の名残といったところか。

ワークビザも取れたので、お友達(中国人)に紹介してもらったお店で働き始めました。
お寿司屋さんですが、私と店長だけが日本人で、他はいろんな国の人がいます。
(インドネシア、フィリピン、中国、韓国など・・)
インドネシアの人がお国の料理を作ってきてくれたりと、いろんな文化にも触れられるので
おもしろいです。

そしてそして、お客さんがいっつも笑顔でにこにこしているので、すごいなと感動してしまいます。
文化の違いと言えばそうだし、それがマナーと言われればそうなのでしょうが、
それでもにっこにこで「いい午後をね!」なんて言われちゃうと、じーんと嬉しくなります。
コミュニケーション・・。

いい意味でも良くない意味でも、日本との違いをどうしても考えてしまいます。


:::::


こないだ、賞味期限切れのハイビスカスティーをもらいました(染めのため)。
こんな色になりました。

あわい


みょうばん媒染(右)はあわいあわい、薄いピンク・・のような色になりましたが、
手づくりの鉄媒染は少しグレーがかったグリーンになりました。
(鉄の方は、実際には写真よりもっと濃い色です)。
染液に浸した時はきれいな赤い色でしたが、やっぱりあの色にはならないんですよね。
不思議です。


それから・・・ 続きを読む
  1. 2010/03/21(日) 10:21:54|
  2. NZで染め
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

発音のこと

豆科の植物
(この黒の豆と濃い緑、いつもきれいだなって思います。)

英語の発音。なるべく意識してますが、うっかりすることも多々あります。
こないだは、よく言われる"R"と"L"の違いで、気をつけなきゃと思うことがありました。

カフェへ行き、「ライスプリン」を頼んだんです。
そうしたら店員さんがぎょっ、として。

その顔を見てはじめて「あ、"lice"って言っちゃったんだ」と認識。
(ちなみに"lice"は「しらみ」です。普通の日本語の「ラ」は「L」に近いので・・。)
すぐに"R"で言い直しましたが。(これだってできているのかどうか??ですが・・)

それにしてもあの顔。気をつけなきゃと肝に銘じました。


それから、"bus"と"bath"の違いも。
日本語ペラペラのオーストラリアの人に「ひのきぶろ」の説明をしていたんですが、
つい、いつもの感じで舌を噛まずに"bus"と言ってしまったら、通じませんでした。
"bathtub(バスタブ)"って言ったので、文脈で通じるかななんて思ってたけど、通じなかったです・・。

うーん、まだまだ。



なんだか、言語によって聞き取れる音と聞き取れない音があったり、不思議。
同じ人間なのになあ。
  1. 2010/03/14(日) 08:54:59|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

犬のもの

啓蟄も過ぎ、日本は春めいてきたみたいですね。
あのぬるむ感じ、なつかしい。

こちらは季節が反対なので、どんどん秋めいてきます。
こないだ、初めてうろこ雲のような雲も見ました。秋ですね~。

公園などでは、蝉時雨もすごいです。小さいからだの蝉しかいないのですが、なかなか声は大きい・・。
ジージーと鳴いてます。
緑と黒の色あいがきれいで、いつも感心して見ちゃいます。

きれい

:::::


これまた不思議なご縁で、羊毛以外の毛を紡がせていただきました。

流花ちゃんと桃花ちゃんという名前の、ラフコリーの毛です。
犬の毛は初めての経験でしたし、形見の品という大切なものなので緊張しましたが、
お試しで50gをお預かりし、気合を入れて紡がせていただきました。

単糸と・・
くるくると


双糸。犬毛100%です。
この色合い!

この双糸、まさにコリーの毛、というような黄色が美しくて驚きました・・!
一部、羊毛を混ぜたりも試してみましたが、このままでも、服の上からはおるショールなどとして、
じゅうぶん対応できそうでした。
羊毛と比べると多少ごわっとしていますが、でも思ったよりずっと紡ぎやすかったです。
(コリーということもあるんだろうな。)


私も、実家で飼っていた飼い犬をなくしているので、犬の毛の感じがなつかしくて、
紡ぎながらちょっと涙が出ちゃいました。
でもきっと、みんなみんな、天国で楽しく遊んでますね。
そう考えたら、幸せな気持ちになりました。
いなくなっても、ちゃんといるんですものね。

:::::

最後に、このような機会を下さった、Mさん、ありがとうございました。
それから、もちろん、もともとのつながりを作ってくださった虹子さんにも。
貴重な機会を、ありがとうございました。
  1. 2010/03/07(日) 18:49:17|
  2. 紡ぎ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いつもと違う

サボテンかわいい

(変な写真ですね・・。このサボテン、綿みたいにふわふわで、痛くないんです。かわいい。)

今日の学校からの帰り、ワークビザも取れたので何かいい仕事がないかなと、何となくふらふらと
いつもと違う道を通って帰ったところ・・。

写真のアイス、無料で配っていたんです。
道行く人がやけにアイスを食べているなあと思っていたら、そういうことだったらしい。
(それにしても、大盤振る舞いですよね。パッションフルーツ味でとてもおいしかったです。
もらった人、みんなラッキーって言ってたから、そうそうあることでもなさそうな。)

これって・・。いつもと同じ道を通ってたら、このアイスには出会わなかったということで。
(いつもはバスで帰ることも多いのです。)
しかも学校で、英語のことなどでちょっと元気がなかったので、余計に嬉しかったんでした。
たかがアイス、されどアイス。
(ちなみに、NZはBOXのアイスは安いのだけれど、こういう棒のアイスは¥300以上と
お高いんです。それでますます嬉しかったりして。)


今回はアイスでしたが、こういうことって不思議だな~と考えながら歩いていて、
結局何事もこういうことの積み重ねなのかも・・なんて思っちゃいました。
多分、大事なのは考えず「気の向くほうへ行く」こと・・?
(「気が向く」ような余裕があること?)
それから、歩くこと?

そうすると思いもよらないところに、何かが待っている、のかも。

そういえば、こないだも「たまたま」いつもと違うバスに乗ったら、日本人のハーフだという50代の
KIWIの女の人に話しかけられて、語学のexchangeをすることになったのでした。
自分の英語の勉強にもなるので、日本語を勉強したい英語圏の人いないかな、と思ってはいたのだけれど・・。

この、たまたま、っていうの。
大事な気がします。なんとなく。

:::::


カジュの展覧会に出した糸、おかげさまで完売したと聞きました。
(といっても、あまりたくさん出せなかったのですが・・。)

NZの植物で染めた糸、お嫁にもらってくださった方、ありがとうございました。
何か分からないことなどありましたら、いつでもお気軽にメールいただけたら嬉しいです。


NZで染めて紡いだ糸が、どなたかの元に届いたことの不思議を思います。
これもまた縁なのですね。有り難いです。

  1. 2010/03/01(月) 17:56:11|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。