みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かなしいライオン

なんかそんな題名の絵本があったような気がするんだけど・・。
かなしいライオン?さみしいライオン?
そんな感じのライオンを見ました。
誰かが書いたいたずら書き・・。
かなしいけど、ちょっとおかしいその瞳。

かなしげ

(この写真を撮っている時、そのおうちの人?と思われる人が車で帰ってきて、
申し訳ない気がして、あわてて逃げました~)


ちなみに。
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/11/23(火) 18:01:15|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今日の拾いもの(1)

最近、嬉しいことに、よくモノを拾います。
今日は、こんな葉脈がはっきり残っている葉っぱを拾いました。
透かすと、その美しさたるや・・。
乾燥している国だから、こうなるのだろうか。

「神は細部に宿る」だなあ、と、しみじみ思います。

葉っぱ




  1. 2010/11/18(木) 21:17:10|
  2. 拾いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

かもめおじさん

最近は少しづつ夏らしくなってきて、からっと晴れた、いい天気が続いています。
今日はバイトが休みだったので、前々から歩いてみたかった海ぞいのルートを、4時間かけて
歩いてきました。(実際は2時間半くらいの道のりなのですが、ゆっくり歩いて植物を見たり、
写真を撮ったりしながらだったので。楽しかったです~)

家から30分かけてやっと海に出て、さてこれから海ぞいを歩くぞ!という時、一羽のかもめが
じっとしているのに気がつきました。
近づいても逃げない・・?
うずくまる

それどころか、何羽も集まってくる・・?(かもめ以外も・・?)
何の鳥?


シャッターチャンスとばかりにカメラを構えていたら、そこに自転車に乗ったインド系のおじさんが登場。
するともう、鳥たち大喜び。

そう、この人は毎日、かもめたちにえさをやっている人だったのでした。
かもめが手からえさを食べる様子なんて初めてだったので、写真を撮ってもいいか聞いて、
撮らせてもらいました。

「こいつがいつも手から取るんだよ」とか、「いつもはもっといっぱいいるんだけどね」とか、
かもめを手に乗せながら、おじさんは説明してくれました。

あっという間にそれを終え、またね~とおじさんは帰っていきました。
その間、わずか5分ほど。
ちょっとずれてたらこの光景と出会えなかったんだなと思うと、
なんとも不思議で、嬉しい感じがしました。

今回のかもめおじさんは「小さなラッキー」でしたが、こういうことがあったりなかったりして、
人生は続いていくんだなと、ちょっと大きなことまで考えてしまいました。

かもめおじさん
続きを読む
  1. 2010/11/11(木) 20:48:56|
  2. すてきな人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイヌイオマタ


目線

この間、ワイヌイオマタという、なんとも奇妙な名前の場所へ行ってきました。
NZの原住民、マオリの言葉。この言語は、日本語とも関係があると言われています。
確かに、発音がとても似ています。
「オロンゴロンゴ」など、地図を見ていると、なんともいい感じの名前がたくさんあって気になります。)

NZのいいところの一つは、高速が無料なことだと思います。
ちょっと遠出しよう、という気にもなります(と言っても、車で1時間ちょっとの旅でしたが)。

一本道の両端には、馬と羊と牛たちの牧場が続いていました。
場所によっては、牛と羊、馬と羊が一緒のところも。(ある場所はヤギも)
ケンカしないんだなあ・・。それぞれ勝手にしている、という感じでした。

毛刈り後(この写真は羊だけの牧場です)


最終的に、行き着いた場所は、海でした。

海の色はすごかったけれど、その寒さと、人のいない感じ。そして、この先は南極(方角的に)なのだな・・
ということの空恐ろしさも、少し、感じました。

海



  1. 2010/11/03(水) 20:11:02|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。