みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半年経ちました

こないだ、スーパーでみかけて思わず買ってしまった水仙。
なんだかなつかしくて。水仙が咲くと、冬だなあと思っていました。
(実際には、冬はまだ、もう少し先・・?かなと思いますが)

水仙


早いもので、NZにやってきて半年が経ちました。
右も左も分からない中、そして英語なんて普通の「学校で習ったレベル」だったのに、
気がつけば、それなりになじんでいることに驚きます。
(と言っても、まだまだ、まだまだですが・・。
やっと最近、お客さんに尋ねる"do you need a bag?"の"bag"が通じるようになりました(汗)。
先は長いです・・。)

家のなかでは、夫と(つい)日本語で話してしまってますが、それでも、TVからもラジオからも
バスの中でも、お店でもどこでも、聞こえてくるのは当然ながら、英語ばかり。
何かを買うにも、全部英語の説明を読まなくてはいけない、というのにうんざりして、帰りたい・・と
思ったこともありました。

でも半年経って、少しづつ、それはそれ、と受け入れられるようになった感じがします。
英語は、いつまでも母語にはならないけど、それはそれとして受け入れられるようになったというか。
英語に慣れてきたからなのか、環境に慣れてきたからなのか分かりませんが、今は、そう思えるように
なりました。


でも、離れて分かったのは日本語のすばらしさ。
以前、バイトの友達がイギリスに留学した時、「枕草子の美しさに陶然とした」と言っていて、
そんなものかな?と思っていましたが、自分も同じ立場に立ってみたら、ほんとにそうだなと思いました。
繊細なんですよね。自然への感じ方ひとつ、色の捉え方一つを取っても、繊細。
だから、あれだけの、すばらしいものを作れるんだろうな。


:::::


そういえば、市内にある大きな図書館に、「日本語の本棚」をみつけたんです!

そんなに冊数は多くないですが、日本の本があり、そこだけ日本の図書館のようなんです!!
勉強と楽しみのために、洋書をもっと読んでいかねばと思ってますが、この棚は特別です。
少しづつ、少しづつ読んでいます。

ちなみにNZの図書館は、日本語/英語関係なく、一ヶ月、冊数制限なしで借りれるんです!
ただし、期日を過ぎるとお金を払わないといけません・・。(1日1冊¥15くらい?)


というわけで、最近読んだ(借りた)本たち。
(すみません、長いです)


火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)
(1976/03/14)
レイ・ブラッドベリ

商品詳細を見る


ぐるりのこと (新潮文庫)ぐるりのこと (新潮文庫)
(2007/06)
梨木 香歩

商品詳細を見る


MW(ムウ) (1) (小学館文庫)MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
(1995/02)
手塚 治虫

商品詳細を見る


11人いる! (小学館文庫)11人いる! (小学館文庫)
(1994/11)
萩尾 望都

商品詳細を見る


モモちゃんとアカネちゃんの本(5)アカネちゃんとお客さんのパパ (児童文学創作シリーズ―モモちゃんとアカネちゃんの本)モモちゃんとアカネちゃんの本(5)アカネちゃんとお客さんのパパ (児童文学創作シリーズ―モモちゃんとアカネちゃんの本)
(1983/07/05)
松谷 みよ子伊勢 英子

商品詳細を見る


コイノカオリ (角川文庫)コイノカオリ (角川文庫)
(2008/02)
角田 光代島本 理生

商品詳細を見る


まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る


鳥頭対談―何を言っても三歩で忘れる鳥頭対談―何を言っても三歩で忘れる
(1998/12)
群 ようこ西原 理恵子

商品詳細を見る


だめんず・うぉ~か~ (3) (扶桑社SPA!文庫)だめんず・うぉ~か~ (3) (扶桑社SPA!文庫)
(2005/04)
倉田 真由美

商品詳細を見る


ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
(2001/11)
向山 淳子向山 貴彦

商品詳細を見る


うーん、このとりとめのなさ!!
この棚の前に来ると、誰かのおうちの本棚をのぞいているような気がします。
(久しぶりに読んだ「モモちゃん~」シリーズが心に沁みました。児童文学ってやっぱりすばらしい!)

日本にいたら(他に選択肢があれば)、借りなかったであろう本もあって、これもまた縁。
そこから、気がつかなかったことに気づかされたりして。
でも、なんといっても日本語っていうだけで、もうすばらしいのです!
辞書なしで意味が分かる!!嬉しいよう~。
本が読めるって幸せです。本当に。


というわけで、全然更新してなかった「読み終えた本」も更新していきたいと思います。
お好きな方は良かったら見てみてくださいね。
洋書(今のところ、主に絵本・・)も、読んだものは更新していきたいと思っています。

  1. 2010/05/17(月) 20:42:45|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<miffy | ホーム | 鍋敷きと鍋つかみ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/109-fb07bea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。