みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

英語の絵本

こんばんは。こちらは雨が多く、徐々に寒い日が多くなってきました。秋も終わりという感じ。
一応、6月から冬?みたいです。夏の日本とは反対なんですよね。
分かってはいるのだけれど、やっぱり不思議。

こないだ、貴重な晴れの日に撮った写真を何枚か。
kowhai
これは、「kowhai」という、NZにしかない植物だそうです。「コワイ」と読むのだろうか・・?
→実際は「コファイ」と読むようです。
図鑑では見たことがあったのですが、実物は初めて見たのでちょっと感動しました。


fuchsia perscandens
それから、この植物。多分、名前は「fuchsia perscandens」だと思います。
いろいろな色があります。でもなぜだか、赤系が多いような気がします。


姫蔓蕎麦 in NZ
それから、姫蔓蕎麦。NZにもあるんですね。きっと強い植物なんだな~。
日本にいた時、よく通った川沿いの遊歩道で、いつもきれいな花を咲かせていました。
この丸い花、結構好きです。


:::::


こないだ日本語の本について書いたばかりですが、せっかくなので、英語の本も読むことにしました。
(とはいっても、もちろん、まずは絵本からです。あまり英語に興味がなくこっちへ来たもので、
一からのやり直しなのです。)

図書館で、「がまくんとかえるくんシリーズ」をみつけて、早速借りて読みました。
小学校の時に、「手紙」という話が国語の教科書に出ていて、印象に残っていたのですよね。
きっと、知ってる方も多いですよね?

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
(1979/10/03)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


これを読んで、物語の力って強いなあと思いました。
単語が分からなくても、文法がよく分からなくても、おもしろいからぐんぐん読めてしまう。
そのうちに、いつのまにか分かっている・・。いい意味で、英語自体に慣れてくるというか。
前は、新聞とか、HPとか、うう~もう嫌~と思うことも多かったのですが、前より我慢して
読んでみようという気になりました。

そして、絵本っておもしろい。
子どもが夢中になるのだから、大人だって夢中になりますよね。頭がほぐれる感じがおもしろい。
逆に言うと、とっても頭が固くなってる(より固くなった?)なあとびっくりします。
でも物語は、そういうところから遠くへ連れて行ってくれる。

「翻訳されていなくて、ずっと読みたいと思っていた、(大人向けの)大好きな作家たちの本を読む」という
野望があるので、そのためにもまずは絵本から、こつこつ読んでいきたいと思います。
翻訳されるのを待っていたけど、英語で読めれば、自分で読めるわけですもんね。
それって、なんだかすごいな。考えてみたこともなかったけれど。

そうそう、これもおもしろかったです。
ハリウッドの俳優さんたちが、「読み聞かせ」をしてくれるというHP。無料です。
storylineonline(音が出ます)

"Let's Read it!"をクリックすると見れます。

やっぱり「どろんこハリー」、おもしろかったです。
読みつがれているものは力がある。


  1. 2010/05/29(土) 19:45:52|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<写真 | ホーム | miffy>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/111-09caf196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。