みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

50%off

半額~~♪

こないだ、いつもと違う本屋さんに入って見ているうちに、
前々からいつかほしいと思っていた本を、今日買おうと思い立ちました。

レジへ行って、お会計というその時、提示された金額を見て、

??・・半額??

そう、全く気がつかなかったのですが、その1週間だけ、全てのフィクションが半額だったのです。
慌てて、これまたいつか目標と思っていた本をもう1冊買い足しました。やった~。

あとで考えたら、どうりで、お店に人がいっぱいいて、やたら活気があったわけです。
レジも珍しく並んだし、そのあいだになぜだか飴が配られたりしたし。

日本では、新品の、普通の本が半額ということはまずないので(ですよね?)、その考え方に
びっくりしました。

こっちは、本が高くてなかなか買えない(ペーパーバックでも結構する)のですが、半額SALEがたまに
あると分かれば話は別です。いろいろ目星をつけておこう。
(でも、そういう意味では、日本の文庫制度は、買う側にとってはありがたいですよね。
何百円で買えるなんて・・。)

ちなみに、買った本。


:::::


日本語訳で読んで、その、世界観の違いにびっくりした「エバ・ルーナ」。
なんていったらいいんでしょう。今まで読んだことがなかった、としか言えない、チリの作家の本です。
日本ではあまり知られてませんが(?)、こちらではペンギンブックスに入るぐらいメジャーでした。
ちなみに、「エバ・ルーナのお話」という、短編集もあります。
南米の文学って、光も強くて、影も強くて、たまに読むとおもしろく感じます。

Eva LunaEva Luna
(1994/12/29)
Isabel Allende

商品詳細を見る


日本語訳のはこちら。
エバ・ルーナ (文学の冒険)

エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ)エバ・ルーナのお話 (文学の冒険シリーズ)
(1995/07)
イサベル アジェンデ

商品詳細を見る


それから、こちらの名作。ナルニア国ものがたり、「ライオンと魔女」。
実は、日本語訳でも読んだことがないので、楽しみです。
ちょっとなつかしい感じの表紙も、好きです。

The Lion, the Witch and the Wardrobe (full color) (Narnia)The Lion, the Witch and the Wardrobe (full color) (Narnia)
(2000/09/30)
C. S. Lewis

商品詳細を見る

二つとも、今の英語力では多分無理ですが(特にエバ・ルーナは日本語でも難しかった~)、
ゆっくりゆっくり読みたいと思います。

(それにしても、洋書も日本で買うほうが安いのって不思議・・)
  1. 2010/06/24(木) 21:04:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ブラシの木? | ホーム | アロエの花>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/126-3aed97ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。