みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニットサークル

この植物、なんだか不思議な気がします。日本にもあるのかな?

なんだか不思議


先日、家の近くの公民館のような場所で、「みんなで編み物をしましょう!」というお知らせを見ました。
どんな糸で編んでいるのか、どんなものを編んでいるのか、紡いでいる人はいるのか、
いろいろ気になったので、勇気を出して行ってみました。


平日の昼間だったのですが、意外に若い人も多くてびっくり。
(若い人6人、年配の人2人でした。)
紡ぎについても、知ってるけど、やったことはないという人ばかり。
紡ぎの国なのに・・。もったいない~。

そして、それぞれの編み方も、みんなバラバラ。
いわゆる、正しい編み方(アメリカ式、フランス式)みたいなのじゃなく、
なんていうか・・・。もっとそれぞれ。全員が違う針の持ち方で。

私は、編み物は完全に自己流(アメリカ式)なのですが、疲れないためにも、「正しく」編めた方が
いいのかな、と思って、最近はこちらのたた&たた夫の編み物入門で、「フランス式」を練習
したりしていたのですが、それを見た年配の人に、「なんで人差し指が立ってるの!?」、と
笑われてしまったりして・・。
(ということは、みんなアメリカ式だったってことだな。)

棒針の先をおなかに突き刺して(バランスを取るために!)編んでいる人もいました。
そのざっくばらんさ、目からウロコ・・・。

もっと自由でいいんだなあという気持ちと、その敷居の低さに、なんというか、拍子抜け。
ちゃんと編めて、それがその人に合っているんであれば、どんな編み方でもいいんですね。
編み物って形ができてくるのがおもしろいから、編み方に気を取られず、楽しく編めるのも
大事かも・・と思いました。


:::::

この子は、今日会った子。かわいかったです。

まっすぐ

  1. 2010/08/12(木) 21:17:03|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボランティア | ホーム | 文化の違い2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/136-022658ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。