みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボランティア

水仙、みつけました



2ヶ月前から2週間に1回、赤十字(red cross)でボランティアをしています。
といっても献血など医療関係ではなく、古着屋さん。
中国人のお友達に紹介してもらいました。

ここで、問題になったのは英語力。
もちろん、英語一色の世界なのですから。

前の、お寿司屋さんでのバイトもほとんど英語で、英語初心者の私にはきつかったのですが、
同僚(?)が、ネイティブではないアジアの人たち(タイ、マレーシア、フィリピン、中国・・)だったと
いうこと、それから日本人が一人いたので、いざとなったらその人に聞けるという安心感がありました。
(とは言ってもこの人が無口な人で、話らしい話もできなかったのだけれど・・。)


でもこのボランティアは、アジア人というくくりで許されていたのはわけが違います。
一緒に働いている人もKIWI(ネイティブのNZ人)だし、お客さんも、普通にいろいろと聞いてくる。

初めはパニックになったりもしましたが、早くて聞き取れない時、レジを間違えちゃった時などは、
「私は英語に問題があるから、ちょっと待ってて。」と言ってKIWIの子を呼んでくれば、
それで問題がないと分かりました。
お客さんも、ボランティアだと分かってくれているし、そもそもred crossも面接の時点で、
私の英語力を踏まえたうえで採用したのだし。(と、こちらに来てから、だいぶ図太くなった・・。)


それにしても。
こういう、中古の服を売るって、ほんとうに楽しい仕事です。

というのも、そのお店は隣町にあるのですが、ここがまあ、人種のるつぼみたいな場所なのです。

かっこよく鮮やかな布をまとった、アフリカの漆黒の肌の人。
教会の帰りなのか、正装(男の人でも、スカートのような服)を着た南太平洋の人。
何人かで入ってくる、派手な服が好きで明るい、タイ(?かな?)のおばちゃんたち。
光り輝く銀髪に合った、濃い青のコートを着た白人の女の人・・、などなど様々な人が来ます。


そんな、いろいろな国の人たちが、価格が安くて(¥200~¥3000くらい)、
質のいいもの(寄付がほとんどなので。服を扱っているお店からの新品も結構ある)
を購入していく。


国を問わず、肌の色を問わず、みんなちょこっとしたいいものを手に、ほくほく帰っていく。
難民の人もいれば、いいものを着たお金持ち風の人もいる。でもみんな、目線は同じ。
自分にとっての、「ちょっといいもの」を選んで、お金と交換していく。
すごくぜいたくなような、一緒にぜいたくさせてもらっているような気持ちになります。

しかも、そのお金がまた寄付となり、物資や人というように形を変えて、
様々な、問題を抱えている国へ届けられ、きちんと活用される。


すばらしい、と思うのです。



そして今日は、買った後で、着ない古着を持ってきてくれた人もいて。
ドネーション自体はよくあるのですが、同じ日にもう一回、わざわざ持って来てくれた、
そのことが嬉しかったのです。
「さっき、いいものを買えたから。これもう着ないから。」と言って。

この仕事、生の英語に触れることができるというだけでなく、視点や考え方など、改めて考えるきっかけに
なります。

そして、NZの人たちの循環させる力(trade me 含め)はすごいなと思います。



  1. 2010/08/14(土) 22:58:38|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<たかがバイト、されどバイト | ホーム | ニットサークル>>

コメント

こんにちは。
先日は、メッセージありがとうございました。
ことほぎ日記のpequenagrandeです。

NZでの楽しい日々、植物の写真、
とても心が和みます。

今日は時間がなく、少ししか見れませんでしたが、
ブックマークして、ゆっくり見させていただきます。

私は今心に余裕がなく、なかなかブログの更新が出来ていませんが、
近々、ちゃんと内容のあるもので
更新したいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
メッセージ、ありがとうございました。
深謝。
  1. 2010/08/16(月) 12:15:47 |
  2. URL |
  3. pequenagrande #-
  4. [ 編集 ]

pequenagrandeさん


お返事ありがとうございます!嬉しいです。
早速、リンクさせて頂きました。

ことほぎ日記の、厳選された言葉に惹かれたんです。とても。
なので、思わずメッセージを書いてしまいました。
(今、おじゃましたら自分のことが書いてあってびっくりしました!)

ちゃんとした内容のあるもので、というpequenagrandeさんの気持ち、
文章から伝わってきます。

でも、なんといっても体調が第一ですから、今はゆっくりと休んで下さいね。


これからも、よろしくお願いいたします。
こういうご縁を、大切にしたいなと思います。


  1. 2010/08/16(月) 16:56:57 |
  2. URL |
  3. liye #-
  4. [ 編集 ]

いろんな人種の人たちの、いろんな好意が集まる場所で、
異国語の英語でのコミュニケーションでボランティア!
すごくいい経験をしてらっしゃいますね・・・!
私もしてみたい・・・!
せめて帰国後、是非是非、shareして欲しいです!
  1. 2010/08/21(土) 02:23:50 |
  2. URL |
  3. haru #7iayUQJQ
  4. [ 編集 ]

haruさん、コメントありがとう~。
言葉の問題があるので毎回ドキドキですが、楽しいです。
こういうの、日本にもあるといいなと思います。
(知らないだけで、あるのかな?)
  1. 2010/08/22(日) 23:05:57 |
  2. URL |
  3. liye #HkRIpaaw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/137-781e02d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。