みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

14000 things

今日、歩いていてみつけた植物。
前からこの形に釘付けでしたが・・。今日見たら、中から何か出てきている。
綿みたいなもの。紡げるかな?なんて。
(今日は人のお庭にあったので届かなかったけど、これから注意して見てみよう。
どこか手の届くところにあったら取ってきて試してみたい・・)

ふしぎちゃん



今日は、NZの古本屋さんで買った本をご紹介します。
題名は、"14000 things to be happy about"→

著者Barbara Ann kipferさんが、ちょっと「幸せになる」ものをずら~っと14000コも羅列している本。
20年以上かけて収集したとか。

実は、もうずっとずっと前、この本の日本語版も持ってました。
古本屋さんでこの表紙を見た時、同じデザインだったのですぐ分かりました。


1ページに、25コくらいの文。ずらっと並ぶ、小さなしあわせたち。
この本(というか、ぱっと開いたページ)を見ていると、そっか、これも「ちょっといいこと」かもと、よく思います。
たとえば、今、ぱっと開いたら、


wild flowers (野生の花たち)
cold hands,warm heart (「手が冷たい人は心が温かい」)
willow trees (柳の木)
felt puppets (フエルトの人形)
などなど。

簡単な単語ばかりなところも嬉しい。

考えられないことが起こってどうにもならなくなっても、小さな「いいこと」はいっぱいある。
季節が来ればちゃんと咲いてくれる植物とか、そういう一見ささいだけれど大きなことで、
自分の世界は成り立っているのだなと思います。
日々を大切にする。
そのことの代表みたいな本、「富士日記」も、また読み返しはじめました。


:::::

ちなみに、これも私にはしあわせの一つ。
上の写真の植物にくっついていた、アゲハみたいな蝶の、きれいな幼虫。
(虫が嫌いな方にはごめんなさい~。興味のある方だけどうぞ。)
この縞々も、きれいだなと思いました。
ずんぐり

  1. 2011/04/01(金) 21:39:50|
  2. 英語の本、作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<編み物 | ホーム | pray for Japan>>

コメント

14000 things to be happy about、実家にもありました!
岡村孝子さんが翻訳してましたね~

フウセントウワタの「綿」は、はじめて見て、
名前(風船唐綿)の意味も、初めて意識しました^^
(唐といいつつ、南アフリカ産だけど)

同じ科のガガイモは公園にもあって、
昨秋、きれいな綿毛が見られましたよ♪


  1. 2011/04/16(土) 01:49:45 |
  2. URL |
  3. hare+ #7iayUQJQ
  4. [ 編集 ]

hare+さん、そうなんですね!これまた偶然の一致。
私が持っていたのもそれと同じです^^

フウセントウワタって、名前もおもしろいですね。
南半球、北半球両方にあるなんて、きっと強い植物なんでしょうね。
  1. 2011/04/17(日) 15:44:44 |
  2. URL |
  3. liye #HkRIpaaw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/162-6417c4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。