みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復興書店

光
(日本に帰った時に撮った写真。友達と行った、たそがれどきの海。美しかった。)

:::::

こんなものをみつけました。

東日本大震災の被災地を支援するために、作家の島田雅彦さんが、作家や漫画家さんたちのサイン本を販売し、
その売り上げを寄付する、「復興書店」をネット上に開設したそうです。→ 復興書店

本の販売だけでなく、新しく書き下ろされた短編なども読めます。
第一弾は、よしもとばななさんの掌編でした。
地震のあとの、東京のはなし。

やっぱり言葉はいいな。物語はいいな、と思いました。
そして、やっぱり日本語は格別、いい。

物語の力、それは、現実を離れて、ちょっと違う位相へ行くことができること。
そこから戻ってくる現実の世界は、読む前とは少し変わっている。
そして気持ちも少し、違っている。
この、少しが大事だと思う。まさしく本の速度。
急な変化ではないけれど、ゆっくりとゆるやかに、変わっていく。

  1. 2011/04/19(火) 21:04:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<靴下 | ホーム | 1はじまり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/165-6583d363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。