みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八重桜

バイト先で、些細なことで落ち込んでしまう。
言葉できちんと伝えられないふがいなさも手伝って、うねりは大きく、ぐるぐる渦巻く。
大波小波、たまにはあることだけれども。

波を波と感じないような、そんな自分になれたらいいと思う。
え?今の波だったの?ちょっと強い風が吹いたなとは思ったけれど・・なんていうような。


または。
波が来たら潜ればいい、と誰かが言っていたのを思い出す。
あれは、茶色く濁る幕張の海でのことだったかもしれないし、
大きな波のプールでのことだったかもしれない。


もぐってしまえば、その上を大波が通ろうが小波が通ろうが、気にならない。
水は水で、同じだし。
それも一つの手かもしれない。

+++++


そんなことを思っていたら、友達から手紙と写真が届く。
ニュージーランドを発つ前に送ってくれたのに、エアメイルの封筒という、なんとも彼女らしいもの。
(日本向けに買ったエアメイルの封筒が、まだ残っていると言っていたものね。)

電車に乗って彼女を訪ねる時は、いつもニュージーでもどこでもないところに行くみたいだった。
時間があっという間に過ぎて、話しても話しても話したりなかった。


大波小波で揺れていた私に、彼女からの手紙はできすぎで、波なんてあっという間にふっとんだ。
もぐる必要すらなかった。

八重桜



出会いって、あるようでないようで、やっぱりある。
必要な人には、その人それぞれにベストなタイミングで会えていると思う。

「袖すり合うも多生の縁」なら、こうやって話したりできた/できている人とは、どれだけの、
深い縁があるのだろうか。
(ここは、「神様」のくまのように、「えにし」と言いたい。)


あの時、見知らぬイギリスの人からメールが来て、
「紡ぎが好きな日本人がいるんだけどぜひ会ってみたら」と言われたとき、
「会います」って言えてほんとに良かった。
(私は紡ぎのギルト(組合)に、参加しているので、そんなことが起こったようです。)

神様 (中公文庫)神様 (中公文庫)
(2001/10)
川上 弘美

商品詳細を見る


ありがとね。ますみちゃん。
  1. 2011/10/28(金) 19:29:03|
  2. NZの毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<かくれんぼ? | ホーム | 外で紡ぐ>>

コメント

liyeさん、異国でのアルバイト、大変なこともたくさんあるでしょう。
がんばって!

私の落ち込んだときの対処法は、体を動かす(長いお散歩)、と、寝る、です。
単純なことですが、それをやるとやらないじゃ、落ち込んだところから浮き上がって戻ってくるまでにかかる時間が全然違うんですよ。あと友達とくだらない話して笑いあうってのもいい。些細な悩みは吹っ飛びます。

季節はよくなってきたよねえ。ニュージーランドの春を楽しみましょう!
  1. 2011/10/31(月) 16:55:34 |
  2. URL |
  3. 糸子 #-
  4. [ 編集 ]

糸子さん

遅くなりました。
コメント&励ましの言葉、ありがとうございます(泣)

私も、長い散歩と寝るの、落ち込んだ時は必須です。似てますね(笑)
それから読書も欠かせません。深く潜るってことが大事なんですね、なんにせよ。
今回もそれをやっていたバランスを取りつつあったところに、タイミング良く手紙が届いて、
小さな悩みなんて吹っ飛びました。
友達の存在はありがたいですね。ほんと。
  1. 2011/11/03(木) 19:19:37 |
  2. URL |
  3. liye #HkRIpaaw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/186-8a6ecb59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。