みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「くまとやまねこ」

去年のことですが、たまたまのぞいた雑貨屋さんで、1冊の絵本をみつけました。

目に飛び込んできた表紙の絵、一目で酒井駒子さんのものだと分かりました。
そして、物語は湯本香樹美さんでした!こちらも大好きな作家さんです。
そんなお二人のすてきな本が、英語に翻訳されて、ふと立ち寄ったお店で出会えるなんて。
(実は、昔の自分の手帳を読み返していた時、湯本さんの小説の抜書きがあって、
また読みたいなあと思っていたところだったんです!タイミングの良さに驚きました^^)

ざっと立ち読みしているうちに、涙がこみあげてきてしまって、どうにもならず。
お店の人にも「大丈夫?」と言われ、お礼だけ言ってそそくさとお店を出ました。

もう一度、ちゃんと読みたかったので、その足で図書館に行って調べてみたら、ありました!
借りて帰って、家でゆっくりお茶を入れて、ずっとはまりまくっているショートブレッドを食べつつ、
じっくりもう一度読みました。


日本人だから、日本のものに惹かれてしまうのか。
それとも、そういうの関係なく、いいものはやっぱりいいのか・・。
よく分かりませんが、とにかく素敵な絵本であることに間違いありません!
日本に帰った後、日本語で読むのも楽しみです。


くまとやまねこくまとやまねこ
(2008/04/17)
湯本 香樹実

商品詳細を見る


ちなみに英語の題名もそのまま、「The bear and the Wildcat」です。
The Bear and the WildcatThe Bear and the Wildcat
(2011/06/10)
Kazumi Yumoto

商品詳細を見る

  1. 2012/01/06(金) 19:51:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<変な話ですが | ホーム | ところかわれば>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/201-308e90fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。