みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シズコさん

佐野洋子さんのエッセイを読んだ。
お母さんとの、葛藤の日々のこと。

いつものエッセイの比ではなく、鋭く、突きつけられている、突きつけられていると、
読みながら何度も思った。

そして、これを読んだ人みんなそうだろうけど、どうしても、自分と母親のことを
考えてしまった。
どの母親と娘の間にも、きれいごとだけではすまされないことがあるだろう。
愛しているがゆえの、ねじれのようなもの。
それは、ある意味で憎しみに近くもなる、(かもしれない)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやー、泣きました泣きました。
読み終えた今も、まだ苦しい。

佐野さんは癌になり、余命長くないとのことだけれど、
その前に、どうしてもこれを書きたかったのだろう。
そのくらいの気迫があります。

読めてよかったと思う。
そして、生きている間に、お母さんへの佐野さんの気持ちに決着がついて、よかった。

シズコさんシズコさん
(2008/04)
佐野 洋子

商品詳細を見る


同じく佐野さんの「役に立たない日々」を読んだ時も思ったけど、年を重ねないと分からないことが
たくさんある。
だから年を重ねるのは、すばらしいのだと思う。
ひとつひとつ分かっていって・・。もちろん、分からないこともあきらめることもあるだろうけど。
そして、人生を閉じるのだろう。
そういう気がする。

それから「葛藤」という字。「葛」と「藤」だ!
どちらも絡み付いて、ぐるぐるなのね。

興味のある方はこちらも(asahi.com・佐野さんのインタビュー記事)
  1. 2009/03/08(日) 18:40:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ぼけ | ホーム | 杏染め、などなど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/33-76aaee7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。