みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

村上春樹・読みかえしの時間

久々に来た、「村上春樹読みかえし週間」。
ひたすら、村上春樹にどっぷりとはまるという期間なのです。
2冊くらいで終わることもあるし、短編も含めて全部読み返すこともあります。

今回は、いまのところ「海辺のカフカ」→「ねじまき鳥クロニクル」の順番で読みました。
それぞれで読むのとはまた違う景色が見えて、ちょっと驚きでした。
見落としていた、たくさんのつながりがありました。


村上氏の書く、「ちゃんとした物語」にどっぷりつかるのって、私にとっては不可欠です。
この人の本じゃないと、行けない場所がある。
そして読んでいる間、言葉ではあらわせない、目には見えないどこかへつながっているのだと思います。
そして、読み終えると、私も「しっかり」回復している。
物語の力ですね。

何回読んでも、また新たな発見があるという本があること。
そして、母語が同じだということ、同じ時代に生きているということ。
しあわせなことです。


海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
(1997/09)
村上 春樹

商品詳細を見る



*追記

5/29に、村上春樹氏、2冊組みの新刊が出るそうです!!
「1Q84」
楽しみですね~~~!!!!


  1. 2009/05/11(月) 22:19:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8
<<さくらの気持ち | ホーム | spirit of ミドリノ>>

コメント

「読み返し週間」いいですね^^
村上春樹を読むとあまりにその世界につかりすぎて
時々息継ぎしないと苦しいくらいのめりこんでしまいます。
本から顔をあげないと「こちらの世界」に帰ってこれなくて。
そんな濃密な時間は幸せですよね。
これが本当の小確幸です♪

もうすぐカフカ以来の久々長編が出るってちーさんが
教えてくれました。うーん楽しみ!
  1. 2009/05/12(火) 01:59:33 |
  2. URL |
  3. vanivani #-
  4. [ 編集 ]

長編!!

vanivaniさん、こんばんは。
そうなんですよね。村上春樹の本は、ほんとに「濃密」そして「小確幸」、ですよね!

今、次の本として何気なく手に取ったのが「パン屋再襲撃」で、
忘れてたけど、これにも「ねじまき鳥と火曜日の女たち」が収録されてて。
また笠原メイちゃんに会えて嬉しいです。しばらくは、この世界に浸ってそうです。

新刊。夏ぐらいに~と私もちらっと新聞で見かけましたが、長編って知らなかったです!
うわあ、嬉しいですね。楽しみですね。心を空っぽにしておこうっと。
(そうそう、こないだのvanivaniさんのブログ読んでから、カラスに気をつけてます~。)


  1. 2009/05/12(火) 02:18:56 |
  2. URL |
  3. リエ #HkRIpaaw
  4. [ 編集 ]

わーい、村上春樹仲間だあ!
嬉しいね、vanivaniちゃんv-238(笑)
私も読み出すと浸り切りになっちゃいます。
リエさんのおっしゃる通り、このひとのおはなしでないと行けない世界がありますよね。
ねじまき鳥も好きですが、一番好きなのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」かなあ。
新作、「1Q68」は、29日に発売ですよ~v-237
待ち切れません・・・・
  1. 2009/05/13(水) 19:13:26 |
  2. URL |
  3. ちー #o1tlqZaU
  4. [ 編集 ]

ちーちゃん、こんばんは

vanivaniさんもちーちゃんも、村上春樹仲間(?)なのですね。
私もです。嬉しいです。
「1Q84」(みたいですね)について、早速出版社のHP見てみました。
29日なんて・・。夏だと思ってたから嬉し~~い!!
今からわくわくです。二冊組みってとこがまた嬉しい。浸れますね。
私の一番。「世界の終わり~」か「羊をめぐる冒険」が有力です。
でも「スプートニク」のすみれの書く文章も好きだし、「ピンボール」の世界も好きです。
(決められない~。)

ちなみに、今もこの「読み返し週間」続いていて、昨日は「パン屋再襲撃」のいくつかを、
今日は「中国行きのスローボート」のいくつかを読みました。
新刊が出るまで、このままどっぷり浸ることにします。
ああ嬉しい。今度、ぜひ村上春樹話、しましょうね♪
  1. 2009/05/14(木) 02:06:50 |
  2. URL |
  3. リエ #-
  4. [ 編集 ]

あれっ!?恥ずかしい~(汗)
何故に1Q68になっちゃったんだろう(笑)失礼しました~v-12
1984年と考えると、激動の年ですよね。
ああどんな話か気になりますね~!
とはいえ、今は図書館で借りた横浜の開港あたりの話がまだ読みかけなので、今度の新刊は、ぶっつけ本番?で挑みます(笑)
  1. 2009/05/15(金) 02:06:59 |
  2. URL |
  3. ちー #o1tlqZaU
  4. [ 編集 ]

ほんと、ドキドキですねv-15~~!
初め、知能指数の「IQ」なのかと思ったけど、「1984年」のことですよね、やっぱり。
どんな話なのか(もしかしたら情報があるのかもしれないけど)、あまり知らないままで
読んでみようと思います。ああ、楽しみ。この待ち時間も、幸せですね♪



  1. 2009/05/15(金) 02:27:47 |
  2. URL |
  3. リエ #-
  4. [ 編集 ]

またまた失礼します^^

そうですそうです村上春樹はあらすじとか色んな情報知らない
方がいいですよね。その方がダイレクトに体に入ってくる気が
します。私もただいま司馬遼太郎の長編にかかっているので
早いところ読みきらなくては。

伊坂幸太郎は読まれますか?
「アヒルと鴨のコインロッカー」で冒頭主人公が‘本屋’を襲撃
するところから始まるのです。最近好きな作家のひとりです。

ちなみにこちらに遊びに来てから「富士日記」も再読中♪
本のはなし、なんだか楽しいな。

長々失礼いたしました。
  1. 2009/05/17(日) 03:28:51 |
  2. URL |
  3. vanivani #-
  4. [ 編集 ]

vanivaniさん、こんにちは~

こんにちは~。
私も、こうやって本のお話ができるの、とても嬉しいです。

司馬遼太郎は、「竜馬がゆく」を夢中で読んだ覚えがあります。
(あの時は、仕事をしててもずっと竜馬だった気が・・。)
伊坂幸太郎は読んだことないです。覚えておきますね!

「富士日記」、いいですよね。大好きです。いつどこから読んでも、新鮮で。
あれだけの文章が、ごく私的な「日記」だったなんてすごいです。
2年前、実家で飼っていた犬が死んだ時には、ポコの死のところを何度も読み返しました。
「犬が死んだから泣くのを、それを我慢しないこと。涙だけ出してしまうこと。口をあけたまま、
はあはあと出してしまうこと。」
削ぎ落とされている文章は、逆にこちらの気持ちが入っていくのかもしれません。

それにしても村上春樹新刊!!楽しみですね~~~♪
教えて頂かなかったら、この「待つ喜び」はなかったかも・・。ありがとうございます!!

  1. 2009/05/17(日) 15:39:44 |
  2. URL |
  3. リエ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/49-a1d3946a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。