みはるかす

糸紡ぎ、本と日々のこと(in NZ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セイタカアワダチソウ

10/3(土)、ちょっとしたご縁があり、茅ヶ崎里山公園で染めのWSのお手伝いをしました。
ucaucaちゃんと一緒です。

広くて気持ちいい公園なんです。
ひろ~い


今回は、外来種として嫌われている、セイタカアワダチソウで染めます。
小雨ふりしきる中、参加者の方たちは公園内のものを採取に・・。
この、抜くところからやるって、すごいことだと思います!
人数が多かったので、たくさん取って、ざくざく切って。あっという間に染料ができました。
きっと、こうやって、染めってみんなでやってたんだろうな~と思ったりしました。
どう考えても効率がいい。

たっぷり


その後、お鍋でぐつぐつ煮ます。
いい匂いでした


今回は、媒染は2種類。 まず、みょうばんで黄色・・、
鮮やかな色


そして、ucaucaちゃん手づくり(!)の木酢鉄で、カーキです。
いい感じ


染料である、セイタカアワダチソウが多かったこともあり、あっという間に染まりました。
そして思い思いにみなさん工夫された、それぞれの絞りを解いたときの「わあ~っ」という歓声。
この世でたったひとつのものができるのですものね!染めはたのし。
きれいに染まって、良かった良かった、です。

それぞれかわいい


今回、印象的だったのは、植物に詳しいお友達のお話。

今ではすっかり嫌われ者のセイタカアワダチソウですが、もともとは観賞用として日本に
入ってきたのだそうです。
そういえば、以前ブルガリアで染めをしていた方に、ブルガリアでは「金色の花」と言われ、
愛されていると聞きました。

そういう、人の都合で入れられた植物も、今では厄介者あつかい。勝手なことです。
けれど、日本の生態系を壊してしまうのも、また事実。
だから抜き取った後、染めたり、お風呂に入れて薬湯にしたりして、うまく付き合っていきましょう、と。

なるほどなあ・・。結局は私たち次第なんだと、感心してしまいました。
「うまく共存していく方法を考える」ということ。

前に、静岡に葛布を作っている工房をお伺いしたときも、同じようなお話を聞きました。
葛は、(確か)江戸時代に、飢饉対策として植えられたもの。今では大変な嫌われ者です。
でも、よく染まるし、糸も取れるし、お花でお茶を飲んだりジャムを作ったりもできる。
(お茶とジャムは、「からくりからくさ」に書いてありました。)
要は、付き合い方なんですね・・。知恵というか。

(そうは言っても、葛の勢いには少々辟易しちゃいますが)

:::::

そのあと、お友達に園内の植物について少しだけ教えてもらいました。
どんぐりの帽子は、落葉樹と常緑樹では模様が違うこと。
(どっちがどっちか忘れてしまった。今度また教えてもらわなきゃ)
どんぐりの帽子

それから、私の最近のお気に入りのこの花は、「あきののげし」という名前だということ。
いきおいがすごいので、外来種かなと思ったら、日本の花だそう。
(しかもレタスの仲間?と言われているとか・・?)
あきののげし

名前と、その人となりならぬ、植物なり?を知っているって、すてきです。
植物も嬉しいだろうな。

WS、そして植物にも少し詳しくなって。
とてもいい経験ができました。(田中さんも、大変お世話になりました。)
そしてucaucaちゃん、おはるさん、いつも本当にありがとう。

からくりからくさ (新潮文庫)からくりからくさ (新潮文庫)
(2001/12)
梨木 香歩

商品詳細を見る


  1. 2009/10/08(木) 12:14:14|
  2. 染め
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<栗の渋皮煮/染め | ホーム | 月下美人>>

コメント

染め上がったバッグが下がっている姿のかわいいこと!
なんで染めたあとの布はこんなにかわいいんでしょう。

草花のお話、うんうん、と読ませていただきました。
知ってるともっともっと楽しく暮らせるんだなあと。
おはなさんは素敵ですね。
  1. 2009/10/11(日) 00:39:50 |
  2. URL |
  3. vanivani #-
  4. [ 編集 ]

vanivaniさん、こんばんは~。

そうなんです~。みんなそれぞれ、いい風合いですよね!
参加して下さったおばさまたちの、「わあ!きれい~~!!」という声が印象に残っています。
今思い出しても、ふつふつ、楽しい気持ちがおなかの底からわきあがってくるような経験でした。
一人の染めもいいけど、大人数だと倍増する感じがします。

植物のこと。ほんと、いろいろ知ってるってすてきですよね。
それも、雑草と呼ばれてるものに強い、というところが特に。
書き忘れましたが、「ねこじゃらし」の本名は「えのころぐさ」というそうです。
(vanivaniさんは知ってたかな?) こっちも、いい名前ですよね。

それから、私も秋明菊大好きです。あのアンバランスさと、卵みたいな(白身と黄身)感じが。
でも、後姿は見落としてました・・。今度見てみます!

  1. 2009/10/11(日) 02:09:30 |
  2. URL |
  3. リエ #HkRIpaaw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tumuguhibi.blog86.fc2.com/tb.php/74-76eaaca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。